MENU

女性の髪の毛を太くする方法


女性の場合も髪の毛は薄くなります。年齢が上がるにつれてその度合いは高まります。女性の場合の髪の毛を太くする方法は男性の髪の毛が細くなる原因とは違いがあります。
男性の場合は、AGA(男性型脱毛症)が髪の毛が細くなったり、髪の毛が抜ける原因のトップですが、女性の場合の薄毛や細毛は加齢の他に、ホルモンバランスの乱れストレス、また副腎皮質ホルモンが減少する事で髪の毛が細くなったり、抜けたりする場合がほとんどです。

 

 

 

男性のAGAみたいに進行性ではないので、急がずにゆっくり確実に対策していきましょう。確実に対策する事で女性の細毛、薄毛は簡単に治す事が出来ます。
女性の場合の「髪の毛が太くなる方法」は男性の場合と違って「期待度」ではなく「確実性」が高いのが特徴です。

 

 

 

 

 

女性の細毛対策は2つの方法がある!


女性の場合の髪の毛を太くする対策方法は大きく2通りの方法があります。
1つは、「医療期間に通う事」で達成でき、もう1つは「市販で購入が出来る育毛剤や育毛シャンプー」などで解決できます。

 

 

1 医療機関で髪の毛を太くする場合

HARG(ハーグ)療法で施術する

医療機関にて髪の毛を太くする場合は、当然「薬」を使います。その手法の1つが「HARG(ハーグ)療法」と呼ばれる手法です。
この方法は髪の毛の再生治療になり、現在では認定を受けた病院・医院でのみ施術出来る方法です。

 

 

髪の毛が太くなる事以外にも抜け毛で落ちてしまった頭皮から髪の毛を再生する発毛効果があります。
髪の毛が再生出来る成分を直接注射器にて注射します。この注入する成分は「ハーグカクテル」と呼ばれ様々な成長因子が入っています。

 

 

この成分を毛根に与える事で髪の毛を太くしたり、髪の毛を生えさせる効果があります。
デメリットとしては医療機関で施術してもらえますが、保険適用外の為に費用が高額になる事です。

 

 

女性用の育毛内服薬を飲む

髪の毛を太くしたり、発毛を期待する場合に有名な成分は「ミノキシジル」や「プロペシア」に配合されている「フィナステリド」が有名です。
しかしこれらの成分は男性特有のAGA(男性型脱毛症)の為の薬で、女性の場合は男性とは原因そのものが違う為に「女性特有の薄毛や細毛対策の為の内服薬」を使います。

 

 

女性の場合は、全体的に髪の毛が細く、薄くなる場合や、生え際や分け目が薄く見える事が悩みの種です。この状態に有効な成分を凝縮して作られた薬が女性特有の髪の毛を太くする薬になります。この内服薬は1年程度の長期的な服用が一般的なので、保険適用外の薄毛対策薬は費用と定期的に病院に通う必要があると言う事が大きなデメリットです。

 

 

 

2 市販商品にて髪の毛を太くする場合


女性の場合は、男性と違い市販商品でも「期待できる」ではなく、使い続ける事で「確実性」が高まる商品ばかりです。
女性が間違えてしまう事に薄毛は男女ともに同じと考えて男性用の育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントを使用してしまう事です。このような商品を使っていたらいつになっても髪の毛を太くする事は出来ません。

 

重要

現在チャップアップ育毛剤などの男女混合タイプでも効果が高い育毛剤もありますが、それ以外の育毛剤は女性用の育毛剤が女性には効果的です。

 

 

 

女性の細毛や薄毛の原因は男性と共通する事は血行不良にて毛乳頭に栄養が届かなくなる事で生じる抜け毛です。ホルモンバランスの乱れや副腎皮質ホルモンの減少など女性特有の原因の場合はそれに対応した商品を使う事が必須です。女性が細い髪の毛を太くするには「女性用の育毛(発毛)商品」を使う事が望ましい選択になります。

 

 

 

女性用「育毛商品」の選び方


女性の場合は、どのような頭皮かで使う育毛(発毛)系商品が違ってきます。それは、原因別に対策しないと効果が薄いからです。血行不良の為に抜け毛になっている場合にホルモンバラスの乱れだと勘違いしてホルモン調整作用のある育毛商品を使っても全く効果がないのです。

 

どのような原因で抜け毛や細毛になっているかを把握してそれに適した「女性用育毛商品」を使う事が最も効率的に短期間で「女性の髪の毛を太くする事が出来る方法」になります。

 

追記:現在の育毛商品は男性の抜け毛にも女性の抜け毛にも効果がある成分を両方配合している男女共用商品が開発されました。
そのような育毛商品は必ず公式サイトに男女共用の記載があるので確認してください。

 

 

3つの頭皮の状況別の「女性用育毛商品」の選び方

 

急激に「抜け毛」や「細毛」が増えた場合

当初から髪の毛が細く、年齢と共にゆっくり細くなったり抜け毛が増えたりする場合とは異なり、急激に細くなったり、一気に抜けたりする場合は男性ホルモンの分泌が何かの原因により過剰分泌になっている可能性があります。
この場合に対処する方法は「ホルモンバランスを調整するタイプの育毛商品」です。

 

ホルモンバランスを調整する為の成分抜粋

  • 抗男性ホルモン作用成分
  • チョウジ
  • オウゴンリキッド

 

 

女性ホルモンを調整する作用がある成分抜粋

  • ヨモギエキス
  • カンゾウエキス
  • クララエキス
  • フラボステロン
  • オトギリソウエキス

 

 

ホルモンバランス調整成分配合の育毛商品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭皮が乾燥している(フケも出ている)場合

頭皮が強く乾燥している場合は、その頭皮をよく見ると炎症を起こしている事があります。炎症を起こすと毛根が傷つき毛母細胞の細胞分裂が促進されません。
この為に髪の毛の成長が途中で止まり、細い髪の毛や抜け毛が起きる場合があります。

 

対策するには「保湿効果が優れている成分を配合した育毛商品」が必要です。
これらは育毛や発毛のみでなく保湿効果を謳う美容商品にも使われている成分です。

 

女性の頭皮の保湿効果に優れている成分抜粋

  • ヒアルロンサン
  • へちまエキス
  • 紅花エキス
  • トレハロース

 

 

保湿効果成分配合の育毛商品

 

 

 

 

 

大きなフケ・巨大なフケが出る

通常のフケの大きさではなく、その倍以上はある大きなフケが出た事が1度でもある場合は要注意です。
大きなフケ、巨大なフケは頭皮の状態に脂分が多すぎる状態にあります。つまり、皮脂が多すぎる状態です。

 

 

この状態だと髪の毛の毛穴に脂分が詰まる症状が起きます。脂分が詰まると毛細血管を伝って髪の毛に行き渡る栄養が遮られてしまいます。
髪の毛を作る、毛乳頭と毛母細胞に栄養が届きにくい状態になるので、髪の毛が細くなり、その後抜け毛として抜け落ちてしまいます。

 

 

さらにこのような皮脂が豊富な毛穴は菌の繁殖場所に適している為、多くの菌が繁殖します。抜け毛や細毛以外にも皮膚病の原因になります。
対策は「抗菌作用・抗酸化作用がある成分の女性用育毛商品」を使う事です。

 

抗菌作用がある成分抜粋

  • ペパーミント
  • ウイキョウ
  • チョウジ

 

抗酸化作用がある成分抜粋

  • セージ
  • ボダイジュ
  • ポタンピ

 

抗酸化・抗菌化作用成分配合の育毛商品

 

 

 




髪の毛を増やす商品(男) 髪の毛を増やす商品(女)