MENU

抜け毛対策の睡眠時間は8時間睡眠!


抜け毛が発生する原因は様々な原因が重なり合って起きると言われています。その中でもすぐに実践出来て改善が出来る原因の1つが「睡眠時間の短さ」です。
なぜ睡眠時間が短いと抜け毛が増える原因になるのか?

 

 

その理由は、「成長ホルモン」にあります。成長ホルモンが促進されると髪の毛の発育も促進され、細くなったり、抜け毛になる事を防いでくれます。
髪の毛だけでなく、皮膚や爪などの発育を促進すると言われる成長ホルモンは眠ってから約3時間後に最も多く分泌されます。

 

 

そしてその睡眠も深く良質な睡眠になればなるほど、成長ホルモンは多く分泌されます。良質な睡眠になるには就寝前にリラックス効果や血糖値を下げる効果がある軽めのストレッチが有効です。
この成長ホルモンは血糖値が下がった状態にあるとより多くのホルモンを分泌する事が出来るのです。

 

 

成長ホルモンと毛母細胞の活性化を意識する睡眠が重要


髪の毛の組織を作り出す毛母細胞の細胞分裂が最も盛んに行われるのは「午後10時から午前2時くらい」とされています。成長ホルモンをより促進されている状態にするには8時間以上の睡眠が必要になります。毛母細胞の細胞分裂時間(午後10時から午前2時くらい)を掛け合わせると、夜9時半には就寝して朝は5時半以降に起きる形の就寝が最も「抜け毛対策と育毛・発毛対策」に効果があると考えられます。

 

 

しかし、このような生活習慣は働き盛りの若者の場合は難しい場合も多々あると思います。抜け毛対策だけか育毛・発毛を期待するだけか、又は両方を取るかで以下のように分けられます。

 

重要
●成長ホルモンの促進は育毛効果よりも抜け毛防止に効果があります。
●毛母細胞の活性化は髪の毛を作る細胞の活性化なので育毛や発毛の効果が期待出来ます。

 

 

 

睡眠と抜け毛・育毛・発毛の関係

抜け毛対策を重視する場合 睡眠時間を8時間以上取る事が必要(就寝3時間後から促進効果が始まる)
育毛・発毛を考える場合 毛母細胞が細胞分裂をするのに適した時間を睡眠に当てる(夜10時から深夜2時あたりに絶対就寝にある状態)
抜け毛予防も育毛・発毛も合わせて考える場合 夜10時から深夜2時を睡眠状態にして、さらに総合的に8時間睡眠を取る事

 

 

 

寝ながらのスマホやゲームは質が悪い睡眠に!


厚生労働省はいわゆる若ハゲ、若年性脱毛症対策の一環として10代後半から睡眠時間は8時間以上を推奨しています。そしてスマホ、iPhoneやポケットゲームなどの画面から発する青い光(ブルーライト)を長時間浴びる事で不眠と睡眠の質が下がる事の注意喚起を提示しています。

 

 

 

皮膚や爪、髪の毛の成長を促進する「成長ホルモン」は、就寝3時間後に促進されその後も持続します。
出来るだけこの成長ホルモンの促進を維持させるのには8時間は必須な睡眠時間とされています。
しかし、スマホや携帯を見ながら就寝した場合は睡眠の質が落ちて成長ホルモンの分泌も滞ってしまいます。

 

 

健全な頭皮環境、抜け毛防止には8時間以上の睡眠と良質な睡眠が必要なので、出来るだけスマホや携帯を見てブルーライトを浴びながらの就寝は髪の毛の為にも避けた方が良いでしょう。

 

 

携帯やスマホなどのブルーライトを就寝前に見ない事の他にも、アルコールやカフェインの摂取をしない事でも睡眠の質が挙げられます。(逆に言うとアルコールやカフェインの就寝前の摂取は睡眠の質を低下させます)

 

 

最善の方法は少し手間がありますが、軽いストレッチを就寝前に取り入れると効果的です。
上記でも説明した通り、軽いストレッチにてリラックス効果と血糖値を下げる効果が期待できます。

 

 

「成長ホルモン」は血糖値が下がっている状態の時により促進されます。
余裕があれば睡眠前に軽い運動やストレッチをする事が髪の毛の為のベストな方法になりますね^^




髪の毛を増やす商品(男) 髪の毛を増やす商品(女)