MENU

AGA治療薬プロペシアは副作用や欠点がある!


AGA治療薬で知られている「プロペシア」は2005年に日本では販売が開始されました。
プロペシアと言われる薬に配合されている「フィナステリド」と言われる成分が発毛効果がある事で知られていますが、実はフィナステリドを含むプロペシアに育毛・発毛効果、AGA(男性型脱毛症)の改善効果があると分かったのは偶然的な事でした。

 

 

 

元々アメリカで前立腺肥大と言われる前立腺が大きく腫れあがる病気の治療薬として使われていました。しかし、薄毛や禿げ状態の頭皮の前立腺肥大の患者がその薬を飲む事を続ける事で発毛効果が現れるようになり、フィナステリドやプロペシアの研究が始まり、プロペシアに配合されている「フィナステリド」と言われる成分が発毛効果、育毛効果、AGA(男性型脱毛症)治療効果があると分かりました。

 

 

プロペシアを使う事で出てくる副作用とデメリット

日本では2005年に厚生労働省から許可が下りて販売する事が出来るようになったプロペシアですが、海外と同様でやはり副作用報告と大きなデメリットは報告されています。
まずプロペシアの副作用としては勃起付機能不全、精液量減少などの副作用があります。これは元々前立腺肥大治療薬として使われていた事がある為想定が出来ると思います。
その他にも、肝機能障害また、前立腺がんの腫瘍マーカー(PSA)の値が著しく低くなる弊害もあり、実際の前立腺がんかどうか判断出来ないなどの報告もあります。

 

 

プロペシアの副作用

 

  • 勃起付機能不全
  • 精液量減少
  • 肝機能障害
  • 前立腺がんの検査値が狂う(実際に前立腺がんであったのに判断が出来なかったケースもある)

 

 

 

 

プロペシアを使う時に認識しておかなければいけないデメリットです。プロペシアを使う人が悩む大きなデメリットは「一生飲み続けなくてはいけない」という事です。
プロペシアは飲み始めて3ヶ月くらいから効果があると言われていますが、薬の服用を止めると再度薄毛やAGA(男性型脱毛症)が進行するか、以前よりも加速的に進行するとも言われています。
まず飲み始めたら続けなくてはいけない、病院での診察も定期的に行く必要があるので生涯通い続ける必要があります。

 

 

 

次のデメリットはプロペシアを飲み続けなくてはいけない事に派生しますが、その費用が高いと言う事。1日に1粒の処方を言い渡された場合には毎日1粒プロペシアを服用する事になります。
この場合は最低金額で済みますがそれでも1ヶ月1万円くらいが相場でしょう。プロペシアには健康保険が適用されないのでその薬や診察料まで保険適用外です。

 

 

医者によって定期的な診療が多いとそれだけ多くの費用がかかる事になります。1ヶ月1万円程度と言うのはプロペシアを1日1粒の場合です。
1日に服用する粒数が倍なら費用も倍と3倍なら費用も3倍と考えてください。

 

プロペシアのデメリット

 

  • 使い続けなくてはいけない
  • 使うのを途中で止めると以前よりもAGA(男性型脱毛症)が促進されると言った報告もあり
  • 使い続ける事で医者に通い続けなくてはいけない(生涯医者通いの為に時間を取られる)
  • プロペシアを貰う為の処方は扱っている病院が少ない為に混みやすい(毎回2時間以上の診察待ちをする病院も)
  • 健康保険が適用外の為に費用がかかる(最低でも1ヶ月1万円と認識すると良い)

 

 

 

 

※後ほど紹介する海外通販の場合は医者に毎回通う必要がありません。定期的な通販になります。(海外では医者の診療義務はなく通販購入が出来る為)

 

 

プロペシア(フィナステリド成分)の購入方法


プロペシアは日本の場合は薬局やドラックストアなどでは販売が許可されていません。日本の場合に置いては医師の診断を受けて処方される形となります。
海外では通常通販で購入出来ます。

 

 

病院に通うと診察料も保険適用外で取られる事と毎回の時間が無いと言う場合に海外から購入するか、海外商品の代行業者からの購入という方法もありますが、このような通販購入の場合には副作用で健康被害にあっても日本の医薬品使用で副作用があった時に救済してくれる制度である「医薬品副作用被害救済制度」の救済対象になりませんので自己判断でお願いします。<(_ _)>

 

 

 

⇒プロペシアが購入出来る代行業者(http://goodjob.click/detail/000051_propecia_nz.html




髪の毛を増やす商品(男) 髪の毛を増やす商品(女)