MENU

肝機能障害や糖尿病でも抜け毛が起こる?


抜け毛になる場合、その原因は男性の場合はほとんどがAGA(男性型脱毛症)で女性の場合はホルモンバランスの乱れが主な原因と言われていますが、それだけでなく様々な要因が絡み合って抜け毛が発生します。

 

 

 

あまり知られてない病気による抜け毛があります。
ガンなどで抗がん剤を使うと急激に抜ける事はご存知だと思いますが、その他にも身近な病気でも髪の毛が抜ける場合があります。その多くは「肝機能障害」「糖尿病」です。

 

 

特に糖尿病は大衆病とまで言われるほど患者数が多いです。もしも抜け毛対策で育毛方法や発毛方法などを実践しても全く効果が感じられないと言う人の何割かは病気から抜け毛が発生しているのかも知れないですね。その場合は病気が改善に向かわないと抜け毛は減りません。

 

 

肝機能障害が抜け毛を発生させる!


肝臓は髪の毛の主成分であるタンパク質を合成する働きがあります。生活習慣が乱れると肝臓が悪くなりやすくなります。食べ物から吸収されるたんぱく質は小腸でアミノ酸に分解されます。
そして体内に吸収され肝臓に貯蓄されます。肝臓で髪の毛の生成に必要なたんぱく質を生成して、その栄養素が血液の流れによって毛細血管、毛乳頭、毛母細胞と行き渡り、毛母細胞にて細胞分裂が出来るようになります。

 

 

これが正常な肝臓の場合の髪の毛の栄養素の流れですが、肝臓が弱っている状態の場合や肝臓に病気があると肝臓でタンパク質が合成されないので、毛乳頭まで髪の毛の栄養を伝える事が出来ません。このことによって髪の毛は栄養不足になり、細くなって最後は抜け毛として抜けてしまいます。

 

 

 

育毛商品の使用をしても抜け毛が改善されない、育毛サロン、クリニックなどで専門的施術をしても効果がないと感じる場合では「肝臓の機能低下」を疑ってみるのも1つの手です。
血液検査にて肝機能障害の有無は判断出来ます。

 

糖尿病が抜け毛を発生させる!


肝機能障害以上に患者数が多いのが「糖尿病」です。国民病、大衆病と言われるくらいに全国に患者数が多いのがこの糖尿病になります。糖尿病は摂取した糖がエネルギーに変換する過程に問題があり糖を細胞にうまく吸収させる事ができなくなる病気です。その為血液中に糖が異常な程に出てしまい細胞にまで届かない状態になる事ですべての細胞が栄養失調になる危険性を秘めています。

 

 

 

実は髪の毛も細胞が新陳代謝をする事で成り立っています。その為に高血糖状態が長く続く事で毛根細胞が栄養不足に陥る為に髪の毛が細くなったり、抜けてしまったりと言った症状が出てきます。
さらに高血糖状態にあると通常の抜け毛の原因の1つである「血行不良」が起きます。その為に髪の毛の栄養素を毛乳頭まで運ぶ事が難しくなり、髪の毛の栄養不足により抜け毛が発生するとも考えられています。

 

 

 

しかし糖尿病患者は数多くいるのに抜け毛の症状が起きている患者はあまりいないのは糖尿病にあっても血糖値を範囲内で保持する事が出来ている患者なら細胞まで栄養が行き渡らないと言う事は無い為に抜け毛は発生しません。糖尿病で治療もせずに、高血糖状態が長く続いている場合に始めて「抜け毛」の症状が出てきます。

 

 

 

糖尿病患者の人で抜け毛が発生している場合は高血糖状態である事が予想されるので抜け毛を防ぐ為の糖尿病改善ではなく、命に関わる事を防ぐ為の糖尿病改善として血糖値を下げる薬を早急に医者から処方してもらってください。命に関わってしまっては抜け毛も禿げもないですよ!まずは命を留める事です!<(_ _)>




髪の毛を増やす商品(男) 髪の毛を増やす商品(女)