MENU

カツラで髪の毛を増やす方法


カツラを付ける事で髪の毛を増やす方法があります。
具体的に言うと、髪の毛があるように見せるのがカツラですが、現在のカツラのレベルは昔のカツラとは比べ物にならない品質と精度になっています。

 

カツラはあくまでも隠す事が目的になるので、カツラを付けてそのままではなく、カツラを付ける事で普段は薄毛である禿げている事を隠しつつ、人がいない状況の時(自宅などで)育毛方法や発毛方法で実際の髪の毛を増やす方法が誰にも知られずに髪の毛を増やせる方法でもあります。

 

 

カツラには3種類のカツラがある!


カツラと一言で言っても用途などにより3種類のカツラがあります。
まずはその3種類のカツラから説明しますね^^

 

薄毛を隠す通常のカツラ

通常この薄毛を隠すタイプのカツラが「カツラ」と呼ばれる物になります。全体的に髪の毛が薄くなっているのであれば全体的をカバーするカツラを使用して、AGA(男性型脱毛症)などにより頭頂部や前頭部がメインで薄い場合は部分カツラを使う事も出来ます。

 

 

昔のカツラと違い、自然に見せる工夫がされていて、自分の髪の毛を使ったカツラがメインになってきています。
専門家による超精度が高い臨床によって頭部の形や毛質に合わせたカツラを作る事が出来ます。
このようなカツラはオーダーメイド制になり、その精度は世界一の品質と謳われています。

 

 

医療用カツラ

医療用カツラと薄毛を隠す通常のカツラとの違いは頭皮への刺激を少なくしているカツラという事です。特に病気にて髪の毛が抜ける場合や抗がん剤治療などの副作用にて髪の毛が抜ける場合には髪の毛の量が随時変わる為にサイズを変動出来る作りになっているのが特徴です。

 

 

 

ファッションカツラ

薄毛や禿げとは関係が少ないですが、簡易的で良いのであればこのようなファッションカツラでお笑い的に使う人もいます。
実は私薄いんですとか、禿げているんですなんてカミングアウトして相手の笑いを誘う事などにも使用される事もあります。^^
一般的には「メンズウィッグ」と言われています。人工の毛で作られているのが通常です。

 

 

カツラの装着方法は4種類ある!


カツラには装着する方法もまた種類があります。
大きく4種類のパターンがメインです。

 

編み込むタイプのカツラ

カツラを編み込んで付けるタイプのカツラです。

 

 

頭皮密着タイプのカツラ

マイクロフィルムネットを頭皮に密着させる事で自然に見せるタイプのカツラです。
このマイクロフィルムネットには毛髪を付けています。

 

 

 

両面テープタイプのカツラ

テープにて頭皮とカツラを付けます。
取り外しが面倒な場合が多いですが一度付けるとなかなか取れる心配がありません。

 

 

ピン止めタイプのカツラ

自毛とカツラをピンにて固定するタイプです。
現在のピン止めカツラは昔よりも精度が上がり、通常では取れにくいが、自分では取り外しが容易と効率的になりました。

 

 

 

カツラの毛髪の材質は3種類ある!


カツラには使用毎の種類もあり、装着方法の種類もありますが、実際のカツラの毛の材質もまた3種類の材質があります。
以下3種類のカツラの材質です。

 

 

人間の毛(人毛)を使うタイプのカツラ

人間の毛を使うタイプのカツラが最も自然なカツラに仕上がります。

 

しかし、髪質を間違えると現在ある髪の毛と質が一致しない状態になり逆に不自然になります。専門家にチャックしてもらいながら選びましょう。
また、人毛はもちろん痛む事もありまし、人間からしか取れない為に費用も高く付く事が多いです。

 

 

 

人工毛を使うタイプのカツラ

化学繊維で作られた髪の毛の事を使ったカツラです。
現状では化学繊維なので熱や摩擦などの高温になる事ですぐに痛んでしまいます。しかし費用は安いのがメリットです。

 

 

 

ミックスタイプ(人毛と人工毛の混ざり)を使うカツラ

人間の毛を使うタイプのカツラと人工の毛を使うカツラをうまく混ぜたカツラです。
人間の毛もあるので自然に見える精度は上がりますが、100%人毛よりは自然に見える度合いは落ちます。

 

費用の面では人毛よりは安くなります。人毛カツラのメリット半分と人工毛カツラのメリット半分をうまく使っているカツラと言えます。

 

 

全国一の超精密カツラ「アートネイチャー」

世界でも最高品質のカツラを作れるのは「アートネイチャー」です。
カツラ(ウィッグ)の品質と精密度は誰にも知られる事がありません。

 

⇒アートネイチャーのカツラ(ウィッグ)

 




髪の毛を増やす商品(男) 髪の毛を増やす商品(女)