MENU

植毛で髪の毛を増やす方法


植毛で髪の毛を増やす方法があります。育毛方法で効果が得られなかった場合のみ実践する事をオススメします^^
この植毛をする事で現在ある毛にストレスを与えて抜けやすくしてしまう事もあると言うデメリットがあります。
あくまでも育毛方法(発毛方法)にて効果が得られなかった場合に考える髪の毛を増やす方法です。

 

 

植毛には2種類の植毛方法がある!


植毛は頭皮に直接的に髪の毛を植え込む方法です。
この時に頭皮に植える髪の毛の種類によって「人工毛植毛」「自毛植毛」に分けられます。

 

 

人工毛植毛は危険!?


人工毛の植毛で使う髪の毛はナイロンとかポリエステルなどの化学繊維、合成繊維で作られます。
人工的な髪の毛なので髪の毛の量と長さを事前に決める事が出来ますので自分の希望通りの髪型に決める事が出来ます。

 

しかし、アメリカで人工毛植毛は法律にて禁止されています。その理由は細菌感染などにより頭皮に炎症や化膿症状を引き起こす事があるからです。さらに炎症や化膿を起こして実際に現在でもある自分の髪の毛までも抜けてしまったり永久的に生えてこなくなってしまうという恐れもある為です。

 

 

なぜ、炎症や化膿を引き起こすかと言うと、実際に人間の髪の毛ではない物質を頭皮に植える事によって身体の免疫機能が人間にある物質ではないと拒絶反応を起こしてしまう事があるからです。
この拒絶反応を起こすとその人工毛がすぐに抜け落ちるだけでなく、周囲の現在ある髪の毛にまで影響を与えてしまうのです。
加えて数カ月毎に定期的な植毛メンテナンスを受ける必要もある為に面倒と言うデメリットもあります。

 

 

自毛植毛が植毛の基本!


2種類ある植毛で現在の定番になっているのは「自毛植毛」です。
その名前の通り自分の髪の毛を使って植毛をします。通常のAGA(男性型脱毛症)の場合は頭頂部や前頭部を中心に髪の毛が少なくなります。
側頭部や後頭部の髪の毛は残りやすいのでこの部分の自分の髪の毛を使って薄い部分、禿げている部分に植毛していきます。

 

 

移植に成功さえすれば、一生涯生え続ける事も期待出来ます。抜けても、髪の毛のサイクルの中での休止期としての抜け毛なら再度生えてくる事を期待出来ます。
さらに自分の髪の毛なので、側頭部や後頭部の髪の毛の質と一致する為に不自然さもありません。
しかし、普及しない理由は以下のようなデメリットがあるからです。

 

 

自毛植毛にはデメリットもある!


良い事づくめのように思える自毛植毛にもデメリットがあります。自分の髪の毛を植毛したらその状態ではなくてその髪の毛はすぐに抜け落ちます。
一旦抜け落ちて、そしてから髪の毛のサイクルに沿って発毛が始まります。その髪の毛は産毛として始まります。その為通常の髪の毛として見た目で分かるようになるのは1年かかるとされています。

 

 

さらに、1回で植毛出来る範囲はとても少ないというデメリットもあります。より広範囲の植毛をする場合や、より密度を上げたい場合は何回も何回もこの自毛植毛を繰り返す必要があります。
見た目では分からないくらいの薄毛であればこの自毛植毛を1回のみ実施して1年程度経過すればそれで完治出来ますが、その1年の間に他の範囲が薄くなり、通常の禿げや薄毛のタイプ(M型・O型・C型・複合型)のどれにも当てはまらないと言う「いびつな薄毛」になってしまう可能性がある事も自毛植毛を実施後にある後悔の1つです。

 

 

FUT法と呼ばれる自毛植毛がある!


自毛植毛で髪の毛が増える事は理想ですが、実際は1回で手術出来る範囲少なく繰り返す必要と手術した場所でも1年程度経過しないと髪の毛としての実感が出来ないと言う大きなデメリットがあります。しかし最近ではFUT法と呼ばれる自毛植毛方法があります。

 

 

この方法は毛包単位ごとに皮膚を切り取り植えつける事が出来るので広い範囲で施術が可能になりました。頭皮を帯状のブロックで切り取ってから植毛をする方法になります。
手術跡が残っていたFUT法ですが、切らない方法でFUT法が出来る方法も医療期間によってはあるようです。

 

 

しかし、それでも自毛植毛自体が盛んに行われない背景には大きな費用と言う問題があります。また、1年経過しても産毛から進まない、抜け落ちてしまってそのままという場合もあり得ます。
どちらにしても長い期間やその期間に応じて高い費用がかかる事は否めないという問題があります。

 

 

この自毛植毛を実践している間はカツラを使って日常はカバーするなんて事も出来ますね^^
また、自毛植毛に限らず、植毛する事はもう育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメントなどによって自分の髪の毛を自然に生えさえる事を諦めてからの施作です。

 

 

育毛方法を実践して諦めて植毛をしたところ、過去の育毛効果が出てきて、髪の毛が太くなったり発毛も生じた例もあります。しかし、植毛で移植している状態により植毛の毛と混ざり合っていびつな髪型になってしまい薄毛のままのほうが恥ずかしくなかったなんて事もありますので植毛は最終手段で考えてくださいね^^

 

 

最新の自毛植毛方法

 

最新の満足度1の自毛植毛が出来るクリニックはアスカ井上クリニックです。全国から自然な植毛を懇願する人達が集まります。

 

⇒アスカ井上クリニック

 

 




髪の毛を増やす商品(男) 髪の毛を増やす商品(女)