MENU

増毛で髪の毛を増やす方法


増毛とは自分の毛髪に人工的に作られた人工毛を結び付けたりして増やしたり、特殊シートを使用してそのまま頭皮に張り付ける事で一気に髪の毛を増やす方法です。
増毛は施術開始当日から一気に髪の毛が増えます(人口毛が増える)

 

 

接着性のカツラと同じかと言うと、そうではなく、増毛は強い耐久性があり、増毛をしている状態での洗髪や激しい運動などの私生活が遅れます。
つまりカツラと違っていちいち取り外す事をしなくて済む方法でもあります。さらに「植毛」と違い、頭皮に植え込む事や手術的な事をしないので頭皮に傷を付ける心配もありません。

 

 

増毛には3種類の増毛方法がある!


この増毛方法は大きく3種類の方法があります。
以下定番の3種類の増毛方法です。

 

接着式増毛

人工の毛を植えつけているシートを頭皮に接着させる増毛方法です。
接着剤や接着テープを使用して貼り付けます。

 

編み込み式増毛

全体的な頭髪部分に円状の編み込む為の土台を作ります。
その土台に人工毛も編み込んで人工毛を増やす方法です。

 

 

結毛式増毛

自分の髪の毛を使った増毛方法で、自分の髪の毛(自毛)の根元に人工毛を結びます。
1本の自毛に付き1本から3本ほど結ぶ事で髪が増えたように見えます。始めは自毛1本に付き人口毛1本が自然に仕上がります。

 

これらの増毛方法は一気に施術する事が出来ますが、一気に施術すると周囲から増毛した事に気づかれてしまいますので、徐々に増毛する方法が無難です。
育毛剤や育毛シャンプーなどで育毛や発毛の効果がなくて悩んでいる場合、次に試したいと思うのが植毛か増毛ではないでしょうか。

 

頭皮に傷を付ける事に抵抗がある場合は増毛を選択するのも1つの方法かもしれないですね!
しかし、増毛してもそれはあくまでも人口の毛です。年齢的に高齢でないのであれば、あらゆる育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントなどを試した後での最終手段で選ぶのがベストですね!

 

増毛で髪の毛を増やす事のデメリット


増毛は頭皮も傷つけずに出来るし、カツラみたいに毎日取り外す手間もないので一見メリットが高そうに思えますが、デメリットもたくさんあります。
増毛すると言う事は人口の毛を増やすのみです。頭皮から自分の自毛が生えてくる訳ではないのです。

 

 

増毛の大きなデメリットの1つが過去に育毛や発毛方法を実践していて、実際に育毛効果が出て、自毛が太くなり、発毛も期待できるような頭皮になってもそれを阻害してしまう事です。
増毛する事で本来持っている自分の髪の毛にストレスを与えて、自分の髪の毛のほうが抜けてしまう事があります。増毛する事で頭皮に通気性がなくなり炎症を起こしやすくなるのがこの原因です。

 

また、カツラと違ってメンテナンス不要と思うかもしれないですが、増毛タイプによっては月1回のメンテナンスは必須です。
このメンテナンスで頭皮の炎症が起きていれば早めに対処しないと健康な自毛をも抜けさせてしまいます。(メンテナンスが必要なのは増毛は頭皮が痛みやすいからです)

 

 

3種類ある増毛方法もメーカーによって差にバラつきがあります。どのメーカーが自分の頭皮の状態の増毛に適しているかも考える必要も出てきます。
増毛に移ろうとしている人はほとんどが育毛や発毛効果が出なかった人が選ぶ手段です。

 

 

今まで育毛や発毛の為に、育毛商品などで髪の毛が生えたり太くなる条件の環境を整えた人の場合、この時期に髪の毛が生え始める事や太くなり始める事があります。そのような大切な時期に増毛施術をする事でせっかく生えてきた自毛を抜けさせてしまっては今までの苦労が水の泡です。
増毛をするにはきちんと自分の頭皮の状態を把握した上で決断する事をオススメします^^ 

 

 

口コミや総評でランキング1位の増毛メーカー




髪の毛を増やす商品(男) 髪の毛を増やす商品(女)