MENU

ミノキシジルは副作用ありの薬!?


ミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)の改善だけでなく女性の場合の生え際の薄毛にも効果があります。
正式に効果が認められている「ミノキシジル」はその高い効能の裏に副作用の問題も隠れています。

 

 

 

ミノキシジル副作用で有名なのが「頭皮が痒くなる」事です。これはミノキシジルに含まれているアルコール溶剤の「プロピレングリコール」が頭皮に合わないと拒否反応を起こし痒みが発生するからと考えられています。ひどい場合は炎症や頭皮のかぶれが生じます。

 

またミノキシジルの作用である血管が拡張する作用も悪い方向に向かうと、身体全身が火照った状態になる、発汗、めまいを感じる事もあります。

 

 

しかし、それは副作用としては軽いほうでミノキシジルを使う時に最も気を付けなければいけないのが「循環器系の疾患」を持っている人です。
ミノキシジルには血管拡張作用がある為、低血圧や血流関連の副作用が出る心配があります。

 

 

通常の人なら問題ないかもしれないですが、心臓病や狭心症、循環器系の病気を持っている事で大きな副作用に発展するケースもありますのでそのような人は使用前に医師に相談する必要があります。また、逆に言うと心臓病や狭心症、循環器系の病気を持っていなければ大きな副作用もなく使える成分になります。

 

 

始めは低血圧の薬だったミノキシジル


AGA(男性型脱毛症)や女性の生え際の薄毛にも効果がある事で知られるミノキシジル成分は初めはAGA治療薬や発毛・育毛薬としてではなく、血管拡張作用がある為に血圧を下げる為の「降圧剤」としての利用が一般的でした。このミノキシジルが育毛や発毛、さらにはAGA(男性型脱毛症)にも効果があると分かったのは、低血圧の薬として利用していた薄毛の患者に発毛が認められた事から始まりました。この発毛効果によって様々な学者や研究者が研究を重ねて「ミノキシジル」に発毛効果、育毛効果、AGA(男性型脱毛症)治療効果があると発表され今日に至ります。

 

 

 

ミノキシジルを購入するには?


ミノキシジル成分が入っている商品は通販購入する事が出来ます。ミノキシジルが入っている商品は頭皮に塗る塗り薬系では「ロゲイン」と「リアップ」が主流です。
さらに、塗るタイプだけでなく、飲むタイプのミノキシジル成分が入った商品として「ミノキシジルタブレット」があります。

 

 

リアップなどの国内商品の場合は通常の通販購入以外でもドラックストアでの取り扱いがある場合もあります。ロゲインやミノキシジルタブレットは海外商品になるので購入するには通販のみか個人輸入を代行してくれるようなサービス会社からの購入となります。副作用も少なからずあるのでまずは安心な国産商品である塗り薬系の「リアップ」などを使う事をオススメします。

 

○1986年にアメリカのファルマシア・アップジョン社(現在はファイザー株式会社)からミノキシジル成分を含む「ロゲイン」と言われる外用薬が発売されました。
○日本では1999年に大正製薬からミノキシジル成分を配合した「リアップ」が発売されました。

 

 

⇒リアップの通販情報

 

⇒ロゲイン(海外商品)の通販情報

 

⇒ミノキシジルタブレット(海外通販)の通販情報

 

 

上記の商品のうちミノキシジルタブレットのようにミノキシジルの内服薬は日本では許可されていない為に日本での購入が出来ません。その為内服薬のミノキシジルタブレットの場合は海外商品の通販になります。
日本で販売が許可されていない理由の1つに上記に挙げた副作用が外用薬に比べて強い事が指摘されています。まずはリアップやロゲインなどの外用薬で様子を見てからでも遅くはないので安心安全な国内許可があるミノキシジル外用薬を使う事をオススメします。

 

 

 

ミノキシジルと同等成分で副作用がない成分「M−034」


現在はミノキシジルなどの医薬品でなくても、同等の成分で「医薬部外品」の為、通販購入が可能な「M−034」成分を含む育毛剤が販売されています。
この「M−034」のメリットとしては、ミノキシジルよりも安い事と、ミノキシジルにある副作用がない事です。
そして国内販売で売られている為に通常の通販購入が出来る事です。

 

 

「M−034」配合の育毛剤⇒ブブカ育毛剤

 

 

 

現在「M−034」を配合している育毛剤はブブカ育毛剤のみですが、人気が絶大の為、様々な会社から「M−034」を含む育毛剤が販売されるのが予想出来ます。
次なる「M−034」成分を含む育毛剤が販売されましたらここに追記で記しますので随時訪問の程よろしくお願いします<(_ _)>




髪の毛を増やす商品(男) 髪の毛を増やす商品(女)