MENU

男性も女性も髪の毛は増やせる・太くなる


髪の毛が少なくなってきている、薄毛になってきているなど髪の毛の悩みは人それぞれ多い悩みの1つです。そんな髪の毛の少なさや薄さで悩んでいる人は髪の毛を増やそうとあれこれしますが、結局効果がなかったり薄毛がより進行してしまったりという悪循環になる事もありますよね。

 

ここでは「髪の毛を増やす正しい方法」を徹底的にお伝えします。
男性のみでなく、現在では女性も髪の毛の少なさで悩む事も多いはずです。より効率的に最善な方法をお伝えしますね!

 

 

 

 

1 髪の毛を増やすには長期的な方法と短期的な方法がある


髪の毛を増やすには「長期的な方法」と「短期的な方法」があり、この2つの方法を同時に実践するとより効果が高まります。まず長期的な方法とはよく言われる方法が髪の毛が生える環境を整える事です。短期的な方法は育毛・発毛シャンプーや育毛(発毛)剤、さらには育毛サプリメントを同時に取ることで超効果的な改善をより短期間で試みる方法です。

 

これらの「長期的な発毛方法や育毛方法」と「短期的な発毛・育毛方法」を合わせて実践する事がより効果的に髪の毛を増やす方法になります。

 

 

 

育毛と発毛の違い

育毛と発毛の違いは、「育毛は現在ある髪の毛を健康に保ち、薄毛になっている毛を太くする事により太くなる分、見た目も薄毛が解消し、さらにこれ以上の抜け毛を防ぐ方法」、「発毛とは髪の毛のサイクルの中で休止期にある毛母細胞を活性化して毛根から毛を新たに生えさせる方法」です。

 

現在の育毛剤では育毛と謳っていても発毛が期待できる商品がほとんどです。頭皮環境を健康に保つ事が出来れば育毛だけでなく発毛の可能性も高まります。まずは、長期的な毛を増やす方法と短期的な毛を増やす方法を同時進行で実践してみましょう!

 

 

 

 

1−1長期的に髪の毛を増やす方法


長期的に見て髪の毛を増やす方法があります。あくまでも長期的な作用ですが、このような習慣を付けておけば育毛や発毛に大きなプラス要因を与えてくれる環境になります。
以下長期的に髪の毛を増やす方法です。

 

頭皮の清潔と血行を促進させる事

頭皮の血行を促進させる事は育毛と発毛の効力を促進させます。シャンプーの時にゴシゴシ洗うのではなくて、頭皮をマッサージするように洗いましょう。美容院に行った事がある方は美容院でのシャンプーは頭皮をマッサージする形式ですよね。あのようなマッサージをする意識でシャンプーをしましょう。ゆっくりと5分から10分くらいはマッサージをして頭皮の血行をよくしましょう。

 

 

また、この時のシャンプーは出来るだけ「育毛効果がある育毛シャンプー」を使いましょう。
血行をよくするだけでなく、抜け毛の原因の1つである頭皮の汚れ、毛穴の汚れ、皮脂を確実に落とす事が重要です。

 

 

また、頭皮を清潔にする事は薄毛にならない為の第一条件です。髪の毛が少なくなる人の多くは頭皮が汚れている状態にあります。しかし、洗浄力が強いシャンプーでは汚れは落ちても刺激が強すぎて頭皮にダメージを与えてしまいます。髪の毛の量で悩みだしたら1にも2にも「育毛シャンプー」は必須のシャンプーになります。

 

 

シャンプーする時のポイント

シャンプーをする時のポイントとしては、マッサージ方式でシャンプーする事と、夜にシャンプーをする事です。朝シャンと言われる朝にシャンプーをする人が薄毛になりやすいのは朝の時間帯は頭皮の毛穴が開いている状態にあります。その為に朝にシャンプーをすると、シャンプーの成分が毛根にモロにダメージを与える可能性があります。(育毛シャンプーなら大丈夫です)

 

また、1日の汚れをシャンプーで取る事が大切ですが、朝にシャンプーして夜にシャンプーをしない場合は1日の汚れを取らずに就寝する事になり、毛穴に汚れが溜まったまま長時間経過する事になります。

 

ストレスを出来るだけ抱え込まないようにする事

抜け毛とストレスは大きく関係しています。ストレスで髪の毛が局所的に抜ける病気がありますが、(円形脱毛症)その病気も過度なストレスが原因とされています。

 

円形脱毛症のみならず、ストレスを溜める事は通常のAGA(男性型脱毛症)や女性の薄毛の原因の1つになっています。ストレスを溜める事で抜け毛が多くなってしまうメカニズムは自律神経の働きにあります。

 

 

自律神経は交感神経(活動をする神経)と副交感神経(休息をする神経)があります。このうち活動をする交感神経はストレスに弱く、ストレスを長い間受ける事で緊張状態になります。交感神経が緊張状態になる事で、血管を収縮させてしまいます。血管が収縮されれば血流が悪くなり、血行不良状態が起きてしまいます。

 

 

血行不良になる事で、血流が頭皮へ流れづらい状態になります。頭皮に血流が流れなくなると栄養も行き届かない状態になり、抜け毛が増えてきます。
これが様々な原因が重なる事で起きる抜け毛の1つの原因になります。

 

 

睡眠を充分に取る事

ストレスを溜めない事と同じくらい重要な事は睡眠を多く取る事です。ストレスを溜める事も睡眠時間が短い事も現代の社会情勢に沿った悩みだと思います。
良い意味で言うとストレスから逃げて睡眠も取りたい分だけ取る人のほうが髪の毛が少なくなる薄毛の症状は少ないのが現状です。一生懸命働いている東京のホワイトカラーの職種に薄毛やAGAの割合が多いのはストレスの多さと睡眠時間の短さが大きく関係しているのです。

 

 

なぜ、睡眠時間が短いと薄毛になりやすいかと言うと、髪の毛の成長に影響する成長ホルモンは睡眠後3時間で最も多く分泌されます。
その為睡眠時間が少なめだったり、深い睡眠を取る事が出来ないと髪の毛の成長に影響を与えてしまうからです。また、髪の毛以外にも皮膚や爪などにも影響を与えてしまいます。

 

 

最近睡眠時間が少なくなっている背景にはパソコンやスマホ、iPhoneなどを寝る前に使用する事で多くのブルーライトを浴びる事になり睡眠不足を招いているとされています。
ブルーライトを寝る前に浴びる事は良質な睡眠、深い睡眠を妨げてしまうのです。髪の毛の為には「基本8時間睡眠」を目指しましょう。
また、同じ睡眠でもブルーライトを直前に浴びていない睡眠や、温かい飲み物を飲んで身体を温めてからの睡眠は良質で深い睡眠が期待出来ます。

 

 

 

 

髪の毛を増やす事を促進させる食べ物を多く摂取する事

髪の毛を増やす為の育毛・発毛を促進させる為には様々な栄養素をバランスよく摂取しないといけません。発毛と育毛を促進させる食べ物は決まっていて、大きく4種類あります。これらの食べ物を偏って食べるよりもバランスよく合わせて食べる事でより育毛効果、発毛効果を促進する事になります。

 

 

育毛・発毛を促進させる食べ物一覧

タンパク質が高い食べ物 肉類、魚類、乳製品 など
ビタミンB群の食べ物 レバー、大豆、かつお、まぐろ、いわし など
亜鉛が多く含まれている食べ物 牡蠣、豚肉、卵、かに など

 

オメガ3脂肪酸を含んだ食べ物 イワシ、まぐろ、くるみ、エゴマ油 など
ビタミンA・C・Eを含んだ食べ物 動物の肝臓類、乳脂肪クリーム、うなぎ など
コラーゲンを多く含んだ食べ物 豚足、フカヒレ、スッポン など
血行を促進する作用がある食べ物 生姜、ニンニク、カカオ含有物 など

 

 

 

 

 

また、多く摂取すると育毛効果や発毛効果でマイナスになる食べ物は脂っこい食べ物、インスタント系、ジャンクフード系、刺激が強い唐辛子、カレー、又酸性の食べ物も薄毛や抜け毛を促進してしまう状況に陥ってしまいますので多めの摂取は避けましょう。

 

 

薄毛を促進してしまう食べ物一覧

酸性の食べ物(アルコール類、ピーナッツ類、コーヒー、コーラ、アイスなど)
インスタント系の食べ物
ジャンクフード系の食べ物
カレーや香辛料系が強い食べ物
脂っこい食べ物

 

 

 

 

 

 

 

 

1−2 短期的に髪の毛を増やす方法


短期的に髪の毛を増やすには@「育毛シャンプー」とA「育毛剤」、A「育毛サプリメント」のトリプル作用が重要です。
長期的に髪の毛を増やす方法で紹介した方法はあくまでも育毛と発毛が出来る環境を整える事と、育毛・発毛が生じる事を後押ししてくれるサポート的な意味です。

 

 

 

育毛シャンプーとは?


よく聞く育毛シャンプーとは「育毛の為、発毛の為に作られたシャンプー」です。
育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーには洗浄する時の成分に刺激が強い成分はすべてカットされています。主に石鹸系、アミノ酸系の界面活性剤が使用されている頭皮に優しいシャンプーです。そして、育毛効果があると言われる成分を中心に配合されていて頭皮環境を育てたい、これ以上髪の毛を減らしたくないなどと悩む人にとって最適なシャンプーになります。

 

 

この育毛シャンプーは個人差もあり、使ってみなければ分からないところもあります。育毛シャンプーのみを使用する場合はあらかじめ頭皮を鏡でチェックして3ヶ月経過したら再度頭皮チェックをして改善の変化があればそのまま続けるのが良いです。まったく頭皮が改善されていない場合や、逆に炎症が酷くなった、皮質が出すぎてしまった、乾燥しすぎてしまったなどの場合は、違う育毛シャンプーに替えてみる事です。

 

 

 

育毛シャンプーはアミノ酸系シャンプー
育毛シャンプーは髪の毛を生えさせる目的ではなく、現在ある髪の毛を健康に保つ事が主とされています。(現在の育毛シャンプーは発毛効果があるシャンプーもある)
そのような育毛シャンプーの最大のメリットは頭皮に優しく、刺激がないシャンプーです。このようなシャンプーで洗う事によって最善の頭皮が出来上がるわけです。

 

抜け毛や薄毛の原因の1つと言われるのが頭皮の刺激の強さです。頭皮への強い刺激が負担になり炎症して血行不良を起こし、薄毛を招いている可能性があります。
シャンプーは大きく分けると3種類あります。その中でアミノ酸系ではない通常のシャンプーを使い続けているならもしかしたらこれが根本的な原因かもしれません。少しでも薄毛や抜け毛が気になると思いはじめたら現在使っているシャンプーから育毛系のシャンプーに替えてみましょう。

 

 

3種類のシャンプーの違い

高級アルコール系シャンプー

通常のシャンプーです。頭皮が弱い人や抜け毛や薄毛が気になってきた人は使ってはいけないシャンプーになります。とても刺激が強く洗浄力が強いのが特徴です。

 

セッケン系シャンプー

洗浄力が高く、頭皮への刺激も少ないので育毛系に使えそうですが、セッケン系はパサつく事が多く、キューティクルを痛めやすいという欠点があります。

 

アミノ酸系シャンプー

天然成分で作られた刺激が少ないシャンプーです。育毛や発毛環境を整える事に最も適しているシャンプーです。頭皮への刺激が強すぎた事が大きな原因の薄毛の場合は育毛シャンプーに替えるだけで改善が見られます。
欠点として刺激が少ないように作ってある為、防腐剤も入っていないのでシャンプーでも腐るという事が起こります。雑菌の混入に注意しながら使いましょう。

 

育毛剤とは?


育毛剤とは育毛シャンプーで頭皮環境を衛生にして一旦乾かしてから頭皮に付ける育毛・発毛の為の薬液です。
育毛シャンプーが頭皮の汚れ除去と育毛や発毛環境を整える働きをするならこの育毛剤は直接的に毛を太くする、毛が無い部分に毛を生えさせる為の育毛・発毛商品です。
この育毛剤は頭皮環境が衛生な状態の時により効果が高まります。

 

 

頭皮環境がより衛生的な状態、健康的な状態にするには育毛シャンプーなどのアミノ酸系の刺激が少ないシャンプーでの頭皮洗浄が必要です。
育毛剤だけ使う人がいますが、もし頭皮環境が健康的で衛生的、炎症などがない状態なら問題なくその育毛剤の効果が発揮できますが、頭皮環境に問題がある場合はせっかく育毛剤を毎日使っても効果は半減してしまいます。
育毛剤は頭皮環境が健全・衛生的な場合に使って始めて効果を感じられると考えてください。

 

 

 

育毛サプリメントとは?


育毛サプリメントとはその名前の通り、育毛や発毛を促進する為の必要な栄養素が含まれたサプリメントの事です。
この育毛サプリメントは大きく3種類のサプリメントに分かれます。

 

 

抜け毛を抑制するサプリメント

抜け毛を抑制するサプリメントは5aリダクターゼの働きを抑制する効果がある成分を配合したサプリメントです。
5aリダクターゼを抑制する事で男性型脱毛症(AGA)の大きな原因となる「ジヒドロテストステロン」が生まれるのを抑制して抜け毛を防ぐ効果が期待出来るサプリメントです。

 

 

 

栄養補給タイプのサプリメント

栄養補給タイプのサプリメントは髪の毛の栄養を付ける為のサプリメントです。抜け毛の原因の1つである髪の毛の栄養不足を改善します。
具体的には髪の毛を生成するのに必要とされるたんぱく質やビタミン、亜鉛を中心に配合したサプリメントです。
食べ物で摂取が難しい場合はサプリメントで摂取すると効率的で取り忘れもないので安心です。

 

 

 

 

育毛促進タイプのサプリメント

髪の毛を作る根本的な毛母細胞を刺激して細胞分裂をより一層繰り返す事を目的としたサプリメントです。また、髪の毛の成長を促進させる毛乳頭をも刺激するタイプのサプリメントもあります。毛母細胞と毛乳頭と言う根本的な髪の毛の生成部分を刺激する事でこれらの活性化を目指すサプリメントです。

 

 

 

 

育毛シャンプー+育毛剤+育毛サプリメントをうまく使う!


育毛シャンプー+育毛剤+育毛サプリメントが無敵の育毛・発毛方法になりますが、当然すべてを実践するのは費用的にも問題がある人も多いはずですよね^^
1つだけを使って育毛・発毛を試みたいと言う場合は、まず1番に育毛・発毛としての効果を直接感じやすい「育毛剤」を使用すると良いです。
自分の抜け毛や薄毛の程度によってそこに育毛系シャンプーで頭皮環境を改善したり、それらの育毛効果を倍増させる為の「育毛サプリメント」を摂取する方法が効率的です^^。

 

 

すぐにでも抜け毛・薄毛を改善したい(また薄毛の程度が強い場合)

@育毛シャンプー、A育毛剤、B育毛サプリメントのトリプル効果で実践してください。育毛シャンプーにて頭皮環境を改善、血行促進出来る環境にして、乾燥させてから育毛剤を使ってください。
また、毎日サプリメントとして内側からも育毛・発毛効果を促進する事が出来ます。

 

 

 

抜け毛・薄毛を出来るだけ改善したい(また、薄毛の程度が並の場合)

@育毛剤とA育毛シャンプーのみで実践してください。育毛シャンプーで頭皮をマッサージするように洗浄して髪の毛が乾いたら育毛剤を使う順番にしてください。
頭皮環境の衛生化、健全化は育毛シャンプーで実施して、実際の育毛・発毛効果は「育毛剤」を使用するイメージです^^。

 

 

 

期間は定めないが抜け毛・薄毛を改善したい(また、薄毛の低度が弱い場合)

@育毛剤のみで対処しても問題ないです。ただし、使う市販のシャンプーは出来るだけ頭皮に刺激が少ないシャンプーを選んでください。また食べ物は脂っこい食べ物や刺激が強い食べ物は控えてください。

 

睡眠時間も十分に取る事と、ストレスを出来るだけ溜めない事、シャンプーの洗い方も爪を立てずに頭皮をマッサージする意識で行ってください。抜け毛がまだ少ない、薄毛もまだ目立たないなら正しい「育毛剤」さえ使えば次第に細い毛は太く、毛が無い頭皮からも発毛が期待出来ます。

 

 

直接的に鏡で見て実感できるレベルでの髪の毛が増える効果はこの方法が最も効率的で効果的になります。
以下育毛剤・育毛シャンプーと育毛サプリメントの現在の売り上げランキングを「男性美容口コミサイト」から引用しています。

 

髪の毛を増やす(発毛が期待できる)育毛剤ランキング

チャップアップ(CHAPUP)育毛剤

 

 

20代から60代までが利用出来て、さらに男女共に利用できる。
この手の育毛剤はコンセプトが広い分、効果が薄いと言われてきましたがこのチャップアップはその効果も高く認められている事から人気bPの育毛剤になりました。
自分1人で使うのもアリですが、家族でも髪の毛の悩みがある家族がいるならば家族で使えるというメリットもありますね^^

 

 

なぜチャップアップが効果的だと言うと、元々はクリニックでしか販売されていなかった医学的な育毛剤になります。口コミでその効果が広まり一般販売化に至りました。
販売当初から売り切れ続出の現在日本で最も売れている育毛剤になります。

 

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブブカ(BUBKA)育毛剤

 

 

ブブカ(BUBKA)育毛剤が売れている理由は「M−034」と言われる成分を取り入れる事が出来た育毛剤だからです。
この「M−034」成分はミノキシジル成分と同等の効果があります。

 

 

ミノキシジルとはAGA(男性型脱毛症)に効果があると認められている医薬品です。
しかし、ミノキシジルには副作用がある事と値段が高い事がデメリットですが、この「M−034」は同等の効果を持ちながら副作用無しの医薬部外品で、費用もミノキシジルより安く購入できる事から人気が高まっています。

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

髪の毛を増やす(発毛が期待できる)シャンプーランキング

馬油スカルプシャンプー

 

 

あらゆる育毛シャンプーの中で頭皮改善が出来たとの声や炎症が治った、皮脂や乾燥を防ぐ事が出来たなどの声が最も多いのがスカルプシャンプーの中でも馬油成分が入っている馬油スカルプシャンプーです。

 

スカルプシャンプーの頭皮環境を健全化、衛生化する働きだけでなく、馬油成分を取り入れる事により、馬油の中にある不飽和脂肪酸がその高い浸透力を発揮して頭皮の内部にまで浸透させる効果があります。今まで育毛シャンプーできちんとしたアミノ酸系のシャンプーを使っていても頭皮が炎症を起こしたままだったり、皮脂や乾燥が治らなかった場合はその育毛成分が頭皮内部にまで浸透していなかった原因が考えられます。

 

 

馬油成分に入っている不飽和脂肪酸成分が入っている事で頭皮の内部深くまで行き渡らせる効果が期待出来ます。
より高い効果を実現したいと言う場合はやはり浸透力にも優れている馬油系のスカルプシャンプーがベストです。

 

 

公式サイト 説明ページ

 

 

髪の毛を増やす(発毛が期待できる)サプリメントランキング

フェルサ育毛サプリメント

 

 

育毛系のサプリメントには抜け毛予防、育毛促進、栄養補給と3タイプの育毛サプリメントがあります。
この3つの働きすべてを揃えているサプリメントがフェルサ育毛サプリメントです。
特に「ミレッドエキス」と「ノコギリヤシエキス」の成分も取り入れてあり、画期的なサプリメントです。

 

 

売り切れも多いですが、一定期間置いて再度公式ページを除くと購入出来る形になっていますよ^^

 

公式サイト 説明ページ

 

 

100%保証は無い

育毛・発毛剤、シャンプー、や育毛サプリメントを使用した事がある人は分かるかもしれないですが、現在絶対に髪の毛が生えるとか絶対に太くなると言った100%保証型のシャンプーやサプリメントはありません。

 

どうしても個人差とその人に合うかどうかがカギになります。自分に効果がある商品なのか、自分には効果が薄いかは使ってみないと私にも分かりません。

 

オススメな方法は長期間での契約購入をせずにお試しで購入出来るタイプの商品を3ヶ月と決めて購入する事が効率的だと思います。
もしも効果が感じられない場合はすぐに違う商品に変えるなどターン購入をしていけばムダな出費も少なくて済むので効率的で、費用を抑える事が出来ますよ^^。

 

髪の毛を増やす施作は大きく5種類ある!


髪の毛を増やすと一言で言ってもその方法には大きく5種類の施作方法があります。最も費用を抑える事が出来て、現在ある髪の毛を太くして薄毛を目立たなくしたりする他、抜け毛を防いでくれる「育毛方法」をまず試して欲しいと言うのが私の考えですが、それ以外の4種類の方法もありますので知識に入れて置くと最終手段的に使えるかもしれないですね!^^

 

 

育毛方法

現状の髪の毛を太くする事で驚くほど頭皮が隠れて黒くフサフサになります。また、育毛方法を実践する事でそれ以上の抜け毛も防ぐ事も出来ます。現在ある育毛剤や育毛サプリメントは育毛だけでなく、髪の毛がない場所に髪の毛を生えさせる発毛効果もありますのでまずは、費用的に最安の育毛方法を実践する事をオススメします^^

 

 

 

発毛方法

発毛とは休止期になって生えてこない毛穴から髪の毛を生やす方法です。
現在の育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメントなどは育毛と謳っていても「発毛効果」がある成分などを取り入れて作られています。
発毛を目指す時は育毛方法を実践する事で発毛を期待する事が出来ます。

 

 

また、医療期間においても発毛が出来ます。医療期間の場合は、市販商品の発毛商品と比べて高い費用がかかります。
具体的な発毛施作方法とは、内服薬や塗布薬、皮下注入などがあります。

 

薬剤の名称は「ミノキシジル」や「プロペシア」と言った医学的根拠のある薬剤を使用します。AGA治療とも呼ばれ、AGA治療の専門機関にて受診をする事が出来ます。しかし、発毛が期待できるようにするだけであり確実に発毛出来ると言う事は現段階ではどんな方法でもないと言う事を覚えておいてください。(高い費用を払ってもムダな可能性も十分にあり得ると言う事です)

 

 

 

 

増毛方法

増毛方法は人口のナイロン毛を使用して髪の毛を増やす方法です。(実際は増やすではなくて隠す事になります)
しかし、この増毛方法は、現在ある髪の毛に大きなストレスがかかり、脱毛症状を一気に加速させる事もあります。(これを牽引性脱毛症と呼びます)
育毛方法を実践しても効果を感じる事が出来なかった場合に初めて考える方法と捉えて下さい。<(_ _)>

 

 

 

 

植毛方法

植毛方法とはその名前の通り、髪の毛を植え込む方法です。具体的には植毛には2種類あり、「人工毛植毛」と「自毛植毛」です。
人工毛植毛は人口の毛を頭皮に植えるのですが、頭皮が髪の毛ではないと判断して拒絶反応を起こしすぐに抜けてしまう事があります。

 

 

それに比べて自毛植毛の場合は、自分の髪の毛の多い部分(主に薄毛になりぬくい後頭部の髪の毛)から皮膚を切り取り薄毛部分の頭皮に植え込む方法です。
医療期間でのみ実施できますが、費用が高額になります。(日本では対応できる場所も現状は少ないです)
また、手術によっては頭皮に傷跡が大きく出来てしまいます。

 

 

 

 

5 カツラで隠す方法

実際の人間の毛や自分の現在ある髪の毛を使って作るカツラや人工毛で作るカツラがあります。
ピンで止めたり、ネットを被ったりなど全体的なカツラから部分的なカツラまであります。

 

 

昔はカツラは取れやすいし、不自然さがあるというイメージがありましたが、現在の日本の科学進歩、化学樹脂の進歩により見た目では絶対に他人に分からないレベルのカツラが出来ています。

 

カツラで普段は隠しながら「育毛方法・発毛方法」を実践する人も多いです。
日本製のカツラは世界最高レベルの品質ゆえ値段は高いですが、自分の髪質と同等の髪質で簡単に自分で外せる設計でも日常では絶対に取れないなどの工夫があります。

 

 

 

 

 

 

抜け毛や薄毛になる原因とは?


薄毛になる原因はこの1つと言うように定める事が出来ません。様々な髪の毛に悪影響を与える事が重なる事で髪の毛が抜けると考えられています。遺伝と言われるのは髪の毛が遺伝で薄毛になるのではなく、薄毛になりやすい生活環境、趣味・趣向、体質などが似ている為に抜け毛や薄毛になるとも考えられています。決して遺伝がすべてではない事を覚えておいてください。
また、ホルモン系が大きく関わっている事は否定出来ない事実ですが、それだけでは抜け毛や薄毛は発生しません。そこに環境的な原因が加わって抜け毛や薄毛になります。

 

 

主な抜け毛や薄毛の環境的原因

ホルモン系以外に主な抜け毛や薄毛になる原因は大きく5つあります。どれも環境的な原因の為、治す事、正す事が可能な原因になります。

 

ストレスによる原因

ストレスを溜める状態が続く事で自律神経を大きく乱してしまいます。自律神経の交感神経が乱れる事で交感神経が緊張状態に陥り、血管が収縮してしまいます。血管が収縮すれば血流が悪くなるので血行不良になります。髪の毛を成長させてくれる栄養は血液と一緒に髪の毛に流れますが、この血流がうまく流れない為に栄養が毛根に届きにくい状態になり、髪の毛の栄養不足が起きてしまいます。これが髪の毛が抜けたり、細くなる原因の1つです。

 

 

 

 

 

睡眠時間の少なさによる原因

髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンが睡眠時間と大きく関わっています。人間が寝て約3時間でこの成長ホルモンが分泌されるのですが、睡眠時間が少ない事で成長ホルモンが滞りなく分泌される状態が難しくなります。

 

成長ホルモンをより多く分泌するのに必要な睡眠時間は8時間です。また、睡眠の質も重要で深く質が高い睡眠であるほど成長ホルモンが分泌されやすくなります。
また、髪の毛を生成する毛母細胞が活性化するには時間帯も関わっていて夜10時から深夜2時の間が最も活性化しやすいと言われています。この時間帯に就寝している事が望ましいです。

 

 

 

 

 

栄養不足による原因

髪の毛は身体と同じように食べ物からの栄養で生成されています。主にタンパクやミネラルを始め亜鉛やコラーゲン、ヨードなど髪の成長に関係する食べ物をバランス良く食べる事で髪の毛への栄養が行き渡ります。しかし、この栄養が乱れる事で髪の毛に栄養が届かなく、髪の毛の栄養不足で抜け毛、薄毛の原因になってしまいます。
特に若い世代で薄毛や抜け毛が多い人の多くはこの「髪の毛の栄養不足」が大きな原因ではないかと言われています。

 

 

現在の若者はバランス良い食べ物よりも、ファストフードやスナック菓子、コンビニ弁当、簡易的な加工食品などで賄う事が増えています。このような食事はカロリー的には高いですが、栄養が不足している、又は偏っている為に髪の毛に必要な栄養を取りきれていない状態になります。いわゆる「若ハゲ」「若薄毛」などと言われる若い年代での若年性脱毛症の場合この栄養が深く関わっている可能性があります。

 

 

 

 

血行不良による原因

身体全体に行き渡る血液の流れが滞る事は頭皮への血行も滞ります。@ストレスの原因でも上述しましたが、血行不良になる事で血液の中の栄養分が髪の毛の毛根や毛母細胞に行き渡らずに髪の毛の栄養不足によって抜け毛や薄毛が発生します。

 

 

身体全体に血行不良が考えられる時は猫背などの姿勢を長期間経過した時にも曲がった身体の姿勢から身体全体が血行不良に陥る事があります。
悪い姿勢は健康だけでなく髪の毛にも影響を与えてしまいます。血行不良は、悪い姿勢やストレスだけでなく様々な原因で生じます。抜け毛や薄毛に直接に繋がる頭皮の血行不良の多くは頭皮が不衛生である事や頭皮に刺激が加わっている事のみと認識している人がいますが、それ以外にも身体全体が血行不良でも頭皮の血行を悪化させてしまう事になる事を覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の汚れや強い刺激による原因

頭皮に汚れがある事で血行不良が生じて抜け毛や薄毛を促進します。
男性に多い薄毛であるAGA(男性型脱毛症)の人の多くは頭皮が血行不良状態にある事が知られています。
抜け毛や薄毛の原因は様々ですが、大きなウェイトを占めるとされるのが頭皮の血行不良だと言われています。

 

頭皮が不潔な状態にある事で血行不良になります。毎日シャンプーしていても頭皮が血行不良状態になる場合は不潔な頭皮以外にも頭皮への刺激が強すぎる事でも皮脂を取りすぎてしまい炎症を起こし、血行不良を起こします。

 

 

頭皮が不潔な状態で起こる血行不良

  • シャンプーをうまく流し切っていない
  • シャンプーは朝しかしていない(1日の汚れを取るには夜のシャンプーが必須)

 

 

 

頭皮への刺激が強い事で起こる血行不良

  • 洗浄力が強いとされる刺激系シャンプーを使用している
  • シャンプーの時に強く洗いすぎている
  • 1日に2回以上の洗髪をしている

 

 

 

 

 

頭皮が汚れる事で血行不良になり髪の毛に流れる栄養が滞り抜け毛が起こりやすくなりますが、この頭皮の血行不良が起こると頭皮のターンオーバーが乱れます。
ターンオーバーとはよく女性の肌について使われる事が多い言葉で、古い角質を排除して新しい角質を作る運動になります。

 

 

このターンオーバーは頭皮にもあり、ターンオーバーを繰り返す事で、より新しい角質を作り出しています。しかし、血行不良はターンオーバーを乱してしまい、古い角質層を排除する事が難しくなります。その為それらがフケになったり、痒みが出たり、ベタつきが生じます。

 

 

さらに悪化すると頭皮にニキビが発生してしまいます。このような炎症した頭皮はより一層頭皮を不衛生な状態にさせます。さらに強い血行不良になると言った悪循環に陥る事もあります。
薄毛や抜け毛が少しでも気になったら育毛シャンプーを使い、頭皮をマッサージするように洗いましょう。髪の毛は無視して頭皮をマッサージする事だけに意識したやり方だと頭皮が綺麗になり、頭皮の血行も促進されます。

 

 

 

男性ホルモンの影響による原因


睾丸と副腎で生成される男性ホルモンですが、この中でも「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが毛髪に関係しています。皮脂分泌と毛母細胞の分裂作用があります。
このテストステロンが毛根部分にある「5αリダクターゼ」と言われる還元酵素と結びつく事で「ジヒドロテストステロン」が生成されてしまいます。このジヒドロテストステロン(通称DHT)がくせ者で、「抜け毛の原因になる男性ホルモン」になります。このジヒドロテストステロン(DHT)は前頭部と頭頂部の毛乳頭細胞の受容体と結合するとその部分の毛髪は成長が止まってしまいます。

 

 

髪の毛の成長サイクルが止まる事で髪の毛は細いままの状態で抜けてしまいます。
成長が途中で止まっている状態で抜けるので、ジヒドロテストステロンが大きく関係している場合の抜け毛は細い毛や短い毛が多いのが特徴です。
主に頭頂部や前頭部が中心に禿げていく抜け方は男性型脱毛症と呼ばれ通称「AGA」よ呼ばれる禿げ方になります。 

 

 

ジヒドロテストステロン(GHT)対策とは!?


このジヒドロテストステロンによる抜け毛を防ぐ対策があります。ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼを防ぐ成分や女性ホルモン作用のある成分の摂取で防ぐ事が出来ます。
特に最善な方法としては、副作用がない女性ホルモン作用のある植物成分を摂取する事です。

 

 

女性ホルモン作用のある植物成分は女性ホルモンと同等な作用をする為ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する事が出来ます。
この成分は意識して取らなくても育毛剤に入っている事が多いので、どの育毛剤を選ぶかがコツになります。
抜け毛の原因は複数が合わさって生じますが、その中でもこの男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」の割合が高いと自覚している場合はこのような育毛剤を選ぶ事がポイントです。

 

 

女性ホルモン作用のある植物成分の抜粋

  • 豆乳発酵液
  • モモ葉のエキス
  • 黄金(おうごん)エキス
  • ホップエキス

 

女性ホルモン作用成分が入っている育毛剤

女性ホルモン作用があり、AGA(男性型脱毛症)改善に最適な育毛剤は2つあります。
1つは、@チャップアップ育毛剤、もう1つはAブブカ育毛剤です。

 

@チャップアップ育毛剤

 

 

公式サイト 説明ページ

 

 

Aブブカ育毛剤

 

公式サイト 説明ページ

 

 

抜け毛や薄毛になる原因を覚えておけば、抜け毛や薄毛にならない為にはそれらの環境や癖、習慣を変えるだけになります。
今からでも健康で太い髪の毛にする事が出来るし、発毛も期待出来ます。原因を知って対策するだけで抜け毛予防も出来るのです。

 

 

 

 

薄毛や禿げ(ハゲ)の種類・タイプはどんなものがある?


見た目で分けられる薄毛や禿げの種類・タイプは大きく4つあります。以下参照にしてください。

 

M型薄毛・禿げ


前頭部が薄くなるのですが、前頭部の中心だけ髪の毛が通常のまま残るので英語の「M」の文字に似ている事から通称でM型薄毛・M型禿げと呼ばれています。

 

 

C型薄毛・禿げ


前頭部が薄くなりますが、M型と違い中心も同じく薄くなります。
前頭部全体が薄くなり毛髪が少なくなっていきます。半円を描くように見え、英語の「C」の文字を横にしたようにも見える為C型の薄毛・禿げと通称で呼ばれます。

 

 

O型薄毛・禿げ


頭頂部が薄くなったり、禿げたりするタイプです。
よくある薄毛のタイプになります。円を描くように○に近い形になる為に英語の「O」の文字に似ている事からO型の薄毛や禿げと通称で呼ばれています。

 

 

複合型薄毛・禿げ

M型とO型やC型とO型が複合的に合わさっている場合にこのように呼ばれます。あくまでも通称での呼び名になります。
(医学用語ではありません)

 

 

見た目で分かる薄毛・禿げの種類による育毛剤の選び方


M型、C型、O型、そして複合型と見た目で禿げや薄毛を分けると4種類ありますが、育毛剤を選ぶポイントはどの部分が中心に薄くなっているかが重要なポイントです。
薄毛や禿げを2通りに分けると「頭頂部」が中心に禿げているか、「前頭部」が中心に禿げているのかが分かると思います。

 

 

2通りに分けた時にどちらが薄毛や禿げの状態が大きいかで育毛剤を選ぶと効果的な選び方が出来ます。
「頭頂部の薄毛を改善する為に作られた育毛剤」「前頭部改善の為に力を入れている育毛剤」かと言う選択があります。

 

頭頂部中心に薄毛がある場合の育毛剤選びは?


頭頂部中心の薄毛や禿げの場合は、男性ホルモンの他に、血行不良も原因になっています。次第に髪の毛が細くなり、抜け毛が落ちるパターンです。
改善策は頭頂部に最も適した育毛剤を使用する事です。

 

 

男性ホルモンと5αリダクターゼが結ぶついて作られるジヒドロテストステロンを抑制する効果と血行促進の効果の2つの効果がある育毛剤を使う事が重要です。
 
最も適した育毛剤は「チャップアップ育毛剤」です。
ジヒドロテストステロン生成を抑制する事と血行促進の2つの効果で頭頂部の薄毛を太く、禿げ部分からは発毛を期待出来ます。

 

チャップアップ(CHAPUP)育毛剤情報

 

 

公式サイト 説明ページ

 

 

前頭部中心に薄毛がある場合の育毛剤選びは?

 

前頭部が中心の薄毛・禿げは2型5αリダクターゼと男性ホルモンから出来るジヒドロテストステロンと言われるホルモンが大きな原因になっています。
このジヒドロテストステロンは前頭部の毛乳頭の中でホルモンレセプターと結合する事で「退行誘導因子」が作られます。
この退行誘導因子が毛母細胞に渡り毛母細胞の活性化が失われます。
解決策は「ジヒドロテストステロンの生成を抑制するタイプの育毛剤」を使い退行誘導因子が作られるのを防ぐ事です。

 

 

 

ブブカ(BUBKA)育毛剤が最も前頭部薄毛・前頭部禿げに適している育毛剤です。

ブブカ(BUBKA)育毛剤情報

 

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

 

年齢による薄毛・禿げ(ハゲ)の種類とタイプ


薄毛や禿げになる人も年齢によってどのような症状から薄毛や禿げになりやすいかが分かっています。年齢が高くなればその分薄毛や禿げになる可能性も高まるのも事実です。
以下年齢による薄毛・禿げの種類・タイプです。

 

 

若年性脱毛症(35歳以下)

主に35歳以下の薄毛や禿げを指しますが、最近ではその年齢はどんどん若くなる傾向にあります。M型薄毛やO型薄毛などの症状が出ます。
若い時に薄毛になる場合は男性ホルモンのジヒドロテストステロンが関係している場合が多いです。

 

 

このような薄毛には育毛を促進させるサプリメントと平行して男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を抑制する効果がある育毛剤などを使うと効果的です。
また、頭皮を清潔に保持する事やストレスを溜めない事、睡眠の質を上げるなど複合的にも生活環境の改善を試みてください。

 

 

 

 

壮年性脱毛症(40代前後)

髪の毛が作られるサイクルは成長期・退行期・休止期と分かれますが、根本的に髪の毛を作る時期である成長期が短くなります。
この為に成長途中の細い髪の毛の状態で抜け落ちる事が多くなります。
 
育毛を促進するサプリメントと平行してジヒドロテストステロンの男性ホルモン作用を抑制する働きがある育毛剤を使うことが先決です。

 

 

 

 

老年性脱毛症(50代後半以降)

年齢により細胞の活性化力が衰えています。これらの年齢の半分以上の人は細胞の活性力低下により新しい細胞を作る力も衰えています。
年齢に沿って諦める事は最終手段で、血行をよくしたり栄養を補う事で抜け毛を減らす事が出来ます。

 

発毛の期待は少ないかもしれないですが、現状維持や髪の毛をより太くする事は可能です。的確な育毛シャンプーと育毛サプリメントの摂取で可能になります。
育毛シャンプーは血行を促進するタイプの育毛シャンプーを使い、育毛サプリメントは抜け毛を防ぐ成分や髪の毛の栄養を凝縮配合しているサプリメントを使う事が対策の1つです。

 

 

 

すべての年代に使える育毛剤がある!


若年性脱毛症、壮年性脱毛症、老年性脱毛症のすべての年代に効果的で、男女ともに使う事が出来る育毛剤があります。
それは「チャップアップ育毛剤」です。

 

 

 

チャップアップ育毛剤のように、どの年代にも適応する成分が多く入っていて男性に適する成分も女性に適する成分も混合されています。
チャップアップ育毛剤の場合は個人のみでの使用に限らす家族使用も出来るので家族で薄毛や抜け毛に悩む家族ならありがたい育毛剤ですよね^^

 

チャップアップ育毛剤情報

 

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

 

育毛サプリメントと育毛剤の使い方


より短期間で髪の毛を増やすには上記に挙げた育毛を促進するような長期的な活動の他に絶対的にすべき方法が短期的改善でも挙げたように育毛剤と育毛サプリメントの同時進行での実践です。

 

育毛をより促進したり、髪の毛に栄養を補給するタイプの育毛サプリメントと育毛剤を合わせて使うと個人差はありますが通常の育毛剤のみを使う場合に比べてより短期間で高い効果が得られます。この方法でのポイントはサプリメントは長期的なスパンで飲み続けるのですが、育毛剤の場合はターン購入と言われる購入方法がベストです。

 

 

ターン購入方法

ターン購入とは6ヶ月を目安に育毛剤を購入する事です。育毛剤はとても個人差が大きい商品で、配合している成分もそれぞれ違います。頭皮を健全にして血行をよくする事が重視の育毛剤や、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの働きを抑制する成分が入っている事がメインの育毛剤もあります。育毛剤によって効果は本当に大きな差が出ます。育毛剤を使う前に頭皮の写真を撮っておきましょう。そして半年後に頭皮になんにも変化が無ければ次の育毛剤と言う感じに替えていきましょう。

 

 

重要な事は誰も主に何が原因で薄毛や抜け毛が生じているか誰も分からないという事です。
これを知るには様々なタイプの育毛剤を使ってみて自分に効果がある育毛剤見つける事です。

 

 

ターン購入前に自分の頭皮を写真で保存しておきましょう。その育毛剤を6ヶ月使用しても効果を感じる事が出来なければ、次の育毛剤を使ってみましょう。
また、少しでも頭皮や髪の毛に反応が得られた場合はその育毛剤を使い続ける事で育毛や発毛効果を得られる事が出来ます。

 

そして育毛サプリメントはその効果を倍増してくれます。また、育毛剤の効果をさらに高める為には頭皮環境も清潔に保持しなくてはいけません。
費用に問題がなければアミノ酸系シャンプー(育毛系シャンプー)の使用をオススメします。

 

 

短期間で髪の毛を増やす最善方法

育毛剤=ターン購入(3ヶ月スパンで様子を見る)
育毛サプリメント=長期間使用を続ける

 

 

育毛剤を選ぶ時は自分の薄毛のタイプ別に選ぶ


出来るだけ素早く自分に合う育毛商品(育毛剤や育毛サプリメントなど)を見つけたいと誰もが思うはずです。効率的に自分に合った育毛剤を見つけるにはターン購入が第一手法ですが、まず自分で想像している自分の薄毛のタイプを想定してそのタイプに合った育毛剤を使うようにすると効率的に最短で自分に合う育毛剤が見つかります。

 

 

また、髪の毛の栄養分が取れていないと感じる人は育毛サプリメントの栄養補給型のほうが効果が高いです。
以下は総評ではなく私(管理人)だったらコレを使うべきと判断した育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントなどの育毛商品です。

 

 

男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が強く関係していると想定する場合

ジヒドロテストステロンを作り出す還元酵素の5αリダクターゼを抑制するタイプの育毛剤と育毛促進を倍増するサプリメントを使う事がベスト

 

 

オススメ育毛商品

  1. ブブカ(BUBKA)育毛剤
  2. フェルサ育毛サプリメント

 

 

 

 

喫煙の習慣があったり運動不足である事が強く関係していると想定する場合

頭皮の血行を促進するタイプの育毛シャンプー、と血行促進成分が含まれている総合的な育毛剤を使う事がベスト

 

 

オススメ育毛商品

  1. チャップアップ(CHAPUP)育毛剤
  2. 馬油スカルプシャンプー

 

 

 

 

食生活・睡眠不足・栄養不足である事が強く関係していると想定する場合

頭皮や毛根に栄養を与えるタイプの育毛サプリメントと効果が高い育毛剤を使う事がベスト

 

 

オススメ育毛商品

  1. ブブカ(BUBKA)育毛剤
  2. フェルサ育毛サプリメント

 

 

頭皮の皮脂が強く出ていてこの事が強く関係していると想定する場合

皮脂を防いだり、汚れや老廃物を除去するタイプの育毛シャンプーと育毛・発毛効果が高い育毛剤を使う事がベスト

 

 

オススメ育毛商品

  1. チャップアップ(CHAPUP)育毛剤
  2. 馬油スカルプシャンプー